アルベルゴバーガーBlog

日本のパンの特徴

 

日本のハンバーガーには他の国のものとは違った特徴があります。

 

そのひとつがハンバーガーに使われているパンです。

 

パンは西欧諸国で主食とされていますが、日本のようなパンは他の国ではあまり食べられていないようです。何が違うかというと、日本のパンはふわふわの食感がポイントです。

 

ここまで柔らかく、ふわふわなパンは世界のどの国にもなかなかありません。

 

日本人が好むパンは、食べた時の柔らかさとふわふわの軽さがポイントです。

 

これは日本人は欧米人に比べて唾液の量が少ない事も関係しているとも言われます。

 

そして、ハンバーガーに使われる丸い形のパンには、甘みがついてることも特徴です。

 

パンなのに甘みがあることで、他の具と一緒に食べる時に、絶妙のバランスで味をまとめることができます。

 

これも日本人の味覚に合わせてパンの味付けがされているからです。

 

また、日本人のきめ細かな性格をよくあらわしているのが、ハンバーガーのパンは、はさむ具によって変えられているということです。

 

はさむ具の味や食感によって、パンの固さや味などが調整されて、具とソースとパンを一緒に食べた時に、上手く味がまとまるように調整されています。

 

日本人が大好きなふわふわの生地のパンの中にも、少しずつ変化が加えられています。そうした細かな変化をしながら、日本のハンバーガーは進化し続けてきています。