アルベルゴバーガーBlog

フライドポテト発祥・歴史

 

ランチタイムやディナータイム、お子様から大人まで、当店でもよく出るフライドポテト!

 

ハンバーガーと一緒にセットで食べることの多いフライドポテトですが、こちらはハンバーガーとは別の場所で生まれています。

 

最初にフライドポテトを作ったところはなんとベルギーです。17世紀にベルギー南部のナミュール地方で、魚のフライの代わりに、ポテトをフライにして食べたことが始まりだということです。

 

それから、しばらく経って1950年代にジャガイモ王であったシンプロットがどのような加工食品が売れるかという調査をして、第一次世界大戦後に庶民に人気のあったフレンチフライを冷凍食品にして売り出したら儲かるとの考えにいたりました。

 

フレンチフライというのは、アメリカ人が考えた名前で、フランス式のポテトのことを、こう呼んだそうです。フランスでは、ベルギーから、フライドポテトが伝えられ、屋台などで販売されていました。

 

そして、アメリカで初めてフライドポテトの冷凍食品の発売が開始され、1965年にマクドナルドが、フライドポテトの冷凍食品を使い始めると、爆発的に広がりを見せました。

 

マクドナルドが世界中へ広がっていくのと同時に、フライドポテトは世界中に広がっていきます。フライドポテトは今では世界中の人が食べる食べ物になりました。