アルベルゴバーガーBlog

ハンバーガーの歴史・発祥

 

ハンバーガーを初めて考え出したのは、フレッチャー・ディヴィスという人です。最初のハンバーガーは、分厚いパンに、玉ねぎのスライスを添え、ハンバーグをはさむというものでした。

 

これを販売したところ、一気に大人気になり、1904年のセントルイス世界博覧会でお店を出します。その後、1921年には、初めてのハンバーガーチェーン店、ホワイトキャッスルがオープンします。

 

日本では、長崎県佐世保市で1950年ごろに、初めてハンバーガーが作られたと言われています。これは、米軍基地のレシピが日本人に伝わって、最初は米軍基地の周辺だけで販売されていました。

 

次第に人気がでて、それとともにお店の数を増やし広がっていきました。その時は、全国にハンバーガーが広がることはなく、本格的に庶民がハンバーガーを食べるようになったのは、1971年マクドナルドの第1号店ができてからです。

 

最初はテイクアウト専門店だったので、お店で買ったハンバーガーを食べながら街を歩くことが流行りました。

 

その姿を見て、ハンバーガーの人気も高くなっていきました。それからハンバーガーのチェーン店が全国に広がり、今では年齢を問わず誰もがハンバーガーを楽しめるようになりました。